« なぎさでバーベキュー | トップページ | 草津市の当初予算編成過程のレクチャーを受けました »

2009年4月30日 (木)

設置完了

本日の09:00に大津市は「大津市新型インフルエンザ対策本部」を設置しました。

-----

* 根拠 : 大津市新型インフルエンザ対策行動計画【暫定版】の第5章『新型インフルエンザの国内発生期(第二段階)、もしくは国が対策本部を設置した場合等必要と認められるときに、市長を「本部長」、副市長を「副本部長」とする「大津市新型インフルエンザ対策本部」を設置する。

本部長は新型インフルエンザ対策本部会議を開催して、発生時の初動対応、感染拡大防止対策等速やかに事案対応を行う。』

-----

の、太字の部分に該当したための設置であります。

現在のところ、当該行動計画は「暫定版」であり、正式な行動計画は8月を目途に策定予定であります。

ところで、「フェーズ(phase)」という分類はテレビなどでお馴染みだと思いますが、WHOが「phase5」と言ったからといって、日本国内の状況が「フェーズ5」であるとは言えません。

本市の当該行動計画では、次のような発生段階を使用します。

  • 【前段階】未発生期
  • 【第一段階】海外発生期
  • 【第二段階】国内発生早期-1(県内未発生期)
  • 【第二段階】国内発生早期-2(県内発生期)
  • 【第三段階】感染拡大期/まん延期/回復期
  • 【第四段階】小康期

現在のところ、【第一段階】海外発生期であり、国内発生に備えて体制の整備を行う時期であります。

しかし、次のニュースが飛び込んできました。

【以下転載開始】-------------------------------------

成田空港における簡易検査で陽性反応
2009年4月30日 rescuenow

複数の報道によると、ロサンゼルスから成田空港に到着した乗客に対して簡易検査を行ったところ、女性客から陽性反応が出た。

【転載終わり】---------------------------------------

明日には、結果が分かる模様でありますが、万が一「新型インフル」であった場合には、計画上【第二段階】国内発生早期-1(県内未発生期)に移行することとなるでしょう。

その際、県内や市内での感染発生に対する準備を行うこととしています。

第二段階から、市役所各部署は、忙しくなります。当該行動計画に示された業務に基づき連絡調整、情報収集・伝達、重要業務の特定、応援依頼の検討等、恒常業務とは違ういわゆる「有事」対応となります。

----5月1日02:00追伸 (NHKニュースより)----

210501_swine_flu_1

210501_swine_flu_2

↑5月1日01:30の情報

210501_swine_flu_3

↑5月1日01:34 上記情報について厚生労働大臣記者発表。この会見のなかで、この高校生の検査について、「不能」という報告が入ったようです。もう一度、検査を行うことを会見中に示唆しました。

また、会見時点で当該高校生が検査を受けている横浜市との電話連絡が不通になったことも明らかにしました。現場は混乱しているようです。

210501_swine_flu_4

↑なお5月1日01:42現在、上記高校生ではない、当初の案件のロサンゼルスから成田空港に到着した乗客に対して簡易検査を行ったところ、女性客からA-香港型インフルエンザの反応が確認されたとのこと。つまりこの方は、新型インフルエンザ(swine flu)では、ありませんでした。

----以上、追伸おわります。----

-----5月2日追伸------------

新型インフルエンザ:感染疑いの高校生「陰性」 関係者ひとまず「ホッ」 /神奈川

◇緊張と混乱の一昼夜--主治医安堵の表情/校長「感無量」

国内初の新型インフルエンザ感染が疑われた横浜市の男子高校生(17)は1日夕、度重なる検査の末に「陰性」と判明した。簡易検査でインフルエンザA型の陽性反応が出てから丸1日半にわたり、関係者は感染の確定に備えた対応に追われた。感染症病棟で治療に当たった主治医や、男子生徒が通う高校関係者らは一様に胸をなで下ろし、緊張と混乱の一昼夜を振り返った。・・・(以降の記事を省略)

毎日新聞 2009年5月2日 地方版

-----追伸終わり-----

-----

ココから先は、「こんな見方もある」といった内容です。参考程度に・・・

今回のブタインフルエンザ(swine flu)は、しかし専門家でも首をかしげるウイルスのようです。

CDC(疾病予防センター)によると、このブタインフルエンザは、詳しく調べてみると「ブタ・ヒト・トリ」がブレンドされた、これまでに自然界になかったウイルスだと判明したようだということです。先ほどのテレビを見ていても、我が国の専門家が「自然界では起こり得ないウイルス」と断言されておりました。

-----

もうひとつ

1918年のスペインかぜ(swine flu)→H1N1型

2009年のブタインフルエンザ(swine flu)→H1N1型

米国における呼び名「swine flu」も同じであります。

ここいらのナゾ解きによいかも知れない論文集があります。

フォートディクス基地(Fort Dix)で1976年に起きた事件についても、触れられています。

興味のある方は、コチラの購入をお奨めします。

http://www.foreignaffairsj.co.jp/shop/shop-A18.htm

210430

↑こんな話が書いてあります・・・最初の鳥インフルエンザであるスペイン風邪が世界中に蔓延するきっかけとなったのは第一次世界大戦ですが、1918年米国マサチューセッツ州デベンス基地に保菌者がいて、ヨーロッパ戦線へ行く軍艦内で蔓延。その兵隊たちが戦線で展開したことから、ドイツ兵にも感染。ドイツ軍は、慢性的な疲労と栄養不足によって多くが罹患し、多くの兵員を損失したのでした。ドイツ敗戦の裏話です。

1976年には、米国ニュージャージー州陸軍センター、フォート・ディクスで、新兵が豚インフルエンザに感染、死亡しました。この基地の他の兵士から、スペイン風邪の原因とされ1930年代に分離された豚インフルエンザウイルスが検出された・・・

-----

宮尾 孝三郎

« なぎさでバーベキュー | トップページ | 草津市の当初予算編成過程のレクチャーを受けました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぎさでバーベキュー | トップページ | 草津市の当初予算編成過程のレクチャーを受けました »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ