« 軍都大津の歴史が紐解かれます | トップページ | シオニズムを知る »

2009年4月10日 (金)

自衛隊は大口就職先

本日は、陸上自衛隊大津駐屯地の「平成21年一般陸曹候補生等入隊式」があり列席してまいりました。

新隊員教育を担当するのは、中部方面混成団第109教育大隊です。

4月1日から5日の間に入隊した約600名の若者が、本日は部隊章や階級章の縫い付けが終わったばかりの制服に身を包み、国歌“君が代”の大斉唱から始まった入隊式という儀式は、いつもながら、感慨深いものがありました。

つい先日まで、ひょっとしたら国歌“君が代”を大きな声で歌ったことのない若者達だったかもしれませんが、『自衛隊の門をくぐり、身体検査、被服適合、被服交付、裁縫、宣誓(誓約)、躾教育、面接、同期と一緒に大食堂で喫食し、大浴場で汗を流し、ともに就寝し、ともに起床する。アイロンだって、すぐに上手にかけられるようになり・・・』という生活を数日体験すると、国歌“君が代”だって、学校時代はろくに歌えなかった子も、上手に大きな声で歌えるようになります。

いつもながら自衛隊の教育スキルには、感心させられます。

さて、これから、区隊旗授与式、銃授与式という儀式が続き、基本訓練に入って行きます。

基本教練、武器訓練、歩哨訓練、戦闘訓練と今までに全く体験したことのない未知の知識・運動の数々・・・。これらも、いつの間にか体得し、三ヶ月後の修了式のころには、「自衛官」になっています。

三ヵ月後の仕上がりが楽しみです。

210410

↑満開桜のもとで、ご子息とのひととき

さて、大津市への転入届窓口は「戸籍住民課」。約400人もの若者(総員600名のうち約200人は豊川駐屯地で教育)が一気に住民となるのですから、入力が一仕事。いつもありがとうございますhappy01

宮尾 孝三郎

« 軍都大津の歴史が紐解かれます | トップページ | シオニズムを知る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本日は食堂前で声をかけて頂き大変ありがとうございました。 何年ぶりでしょうか大変懐かしく思いました。 しわと体型?は変わっても綺麗な目は変わっていませんでしたよ! また今度熱く語りたいですね

なつかしい再会でしたhappy01
わずかな時間でしたが、語り合えて嬉しかったです。
近々、飲みに行きましょうbeer

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軍都大津の歴史が紐解かれます | トップページ | シオニズムを知る »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ