« 豚インフルエンザ | トップページ | 「ブタ」は「ハクチョウ」には、みえません »

2009年4月26日 (日)

「備え」と「願い」は、「生」と「死」ほど違います

今日は、防衛問題について

わが国の戦後教育を濃く受けた国民の多くは、平和は「願うもの」と認識しています。

隣が火事で我が家にも燃え移りそうなとき「願う」ことで、延焼は食い止められるでしょうか?

いいえ、日頃から正しい防火意識・知識をもって、年に1回の防火訓練に参加する。そのような「備え」があって、初めて我が家を守ることが可能となるのです。

国土防衛も、火事のたとえに当てはめてみれば分かりやすいでしょう。日頃から正しい防衛意識・知識をもって、「もし日本の国が他国と戦争になり、万が一敗れたら、日本語は使えなくなるかもしれないし、円も通用しなくなるかもしれない。人権も守られることなく、教育も崩壊するかもしれない。日本のテクノロジーは他国の利益に使われ、働けど働けど・・・」といった想像力を働かせることも、必要です。

いま、日本近海でなにが起こっているのか、知ることも防衛意識につながります。

ここで、防衛省統合幕僚監部が発表している情報について、一部紹介しましょう。

【以下転載開始】-------------------------------------

(お知らせ)

                                                                    21.4.4
                                                              統合幕僚監部

中国海軍艦艇の動向について

4月3日(金)午後1時半頃、海上自衛隊第5航空群(那覇基地)所属「P-3C」が、魚釣島の北北東約350kmの東シナ海を東進する中国海軍の艦種艦級不明艦艇1隻を確認した。
この艦艇は、海上自衛隊において初めて確認したものである。

210426

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(お知らせ) 

                                                                   21.4.17
                                                               統合幕僚監部

ロシア海軍艦艇の動向について

4月16日(木)午前6時頃、海上自衛隊第16護衛隊(佐世保)所属「おおよど」が、上対馬の南東約45kmの海域を北東進するロシア海軍のウダロイⅠ級ミサイル駆逐艦1隻及びボリスチリキン級補給艦1隻を確認した。
当該艦艇は、対馬海峡を北上したことを確認した。

210426_2

210426_3

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(お知らせ)                                                               

                                                                  21.4.17
                                                              統合幕僚監部

ロシア海軍艦艇の動向について

4月16日(木)午後2時頃、海上自衛隊第16護衛隊(佐世保)所属「とね」が、下対馬の南南東約25kmの海域を南西進するロシア海軍のスラバ級ミサイル巡洋艦1隻及びソルム級航洋曳船1隻を確認した。
当該艦艇は、対馬海峡を南下したことを確認した。

210426_4

210426_5

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

                                                                  21.4.23
                                                              統合幕僚監部

平成20年度の緊急発進実施状況について

1 全般
平成20年度の緊急発進回数は、237回であり、前年度の307回に比べ70回減少しました。
推定を含みますが、緊急発進対象機の国籍別の割合は、ロシア機が約81%、中国機が約13%でありました。

2 航空方面隊別の状況
航空方面隊別の状況については、北部航空方面隊が121回、中部航空方面隊が46回、西部航空方面隊が28回及び南西航空混成団が42回の緊急発進を実施しました。
19年度と比べ全ての航空方面隊等(北部航空方面隊、中部航空方面隊、西部航空方面隊及び南西航空混成団)が減少しました。

210426_6

210426_7

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(お知らせ)
                                                                   21.4.23
                                                               統合幕僚監部

ロシア機の日本海における飛行について

件名について、下記のとおりお知らせします。

1 期日
平成21年4月23日(木)

2 国籍等
ロシアTU-142型2機

3 行動概要
別紙のとおり。

4 自衛隊の対応
戦闘機等を緊急発進させ対応した。

210426_8

210426_9

【転載終わり】---------------------------------------

オバマ政権は、日米同盟を認識していますが、極東アジアの国々はその政権の分析を行うために行動していると思われます。

戦争というものは、突発的に起こるものではありません。このように対象国に対して様々なアプローチを繰り返し、反応を観測しています。その長期的な分析により「チャンスはいつ」だということを研究しているのです。

宮尾 孝三郎

« 豚インフルエンザ | トップページ | 「ブタ」は「ハクチョウ」には、みえません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豚インフルエンザ | トップページ | 「ブタ」は「ハクチョウ」には、みえません »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ