« いろんな判断ミス | トップページ | 「備え」と「願い」は、「生」と「死」ほど違います »

2009年4月25日 (土)

豚インフルエンザ

本日、にわかに日本の報道は、豚インフルエンザについて伝え始めました。

【以下転載開始】--------------------------------------

豚インフルエンザ:「人から人」感染、国境越え拡大か メキシコ遺伝子型、米国と一致

【ジュネーブ澤田克己、メキシコ市・庭田学】

米国とメキシコで豚インフルエンザへの集団感染が起きたとみられる問題で、世界保健機関(WHO)は24日、両国の患者から採取されたウイルスの遺伝子構造が一致したことを明らかにした。両国での流行が関連したものであることを示唆するもので、WHOは、感染拡大への懸念を強めている。また、米疾病対策センター(CDC)は同日、米国内での感染は、H1N1型の豚インフルエンザで、人から人への感染と断定した。

WHOやメキシコ政府によると、メキシコ国内で豚インフルエンザが原因で死亡したと確認されたのは同日までに20人、豚インフルエンザで死亡した疑いがある人は48人の計68人、感染者数は1004人に上ったとしている。また、米国での感染者はカリフォルニア州で1人増えて6人、テキサス州で2人の計8人となった。

WHOは24日、メキシコ人患者から採取した18人のウイルスのうち12人分が米国のウイルスと同じ遺伝子構造だったと発表。25日にも、インフルエンザ対策のための緊急委員会を招集する。

AP通信によると、米国で見つかったのは、人と鳥、豚のインフルエンザウイルスが混ざった遺伝子構造を持つ新たなタイプ。また、メキシコのコルドバ保健相は24日記者会見し、同国で発生しているインフルエンザのウイルスは、豚が起源のH1N1型であると発表した。H1N1型は米カリフォルニア州などで確認された豚インフルエンザと同じ型。同保健相は「米国もメキシコも豚と接触して感染したのではなく、人から人へ感染した」と説明。また、「この20時間での重症や死亡のケースは減っている」としている。

◇メキシコ市・州、学校無期限休校
【メキシコ市・庭田学】メキシコでは24日、行政府が緊急対策を本格的に開始し、国民の間にも危機感が一気に広がった。マスクを着ける人が目立ち、薬局ではマスクの売り切れが続出した。

政府は23日深夜、「新型ウイルスによるインフルエンザの流行」を緊急発表。メキシコ市とメキシコ州の学校・大学は24日から、豚インフルエンザの終息を見極めるまで無期限で休校。メキシコ市内の劇場や博物館は閉館になり、一部薬局では、マスクが1時間で500個売れたという。

◇フェーズ4なら、対策本部を設置--政府
政府は25日午前、WHOが新型ウイルスと確認した場合に出す「フェーズ4」を宣言した場合は、麻生太郎首相を本部長とする対策本部を設置することを決めた。河村建夫官房長官が明らかにした。【坂口裕彦】

==============

■解説

◇新型の可能性、警戒度引き上げも
感染が拡大している豚インフルエンザウイルスは、研究機関の遺伝子解析で米国とメキシコが共通のものであることが分かった。多くの感染者が豚に接触せずに発症していることから人から人への感染が国境を越えて拡大していると考えられる。毒性などウイルスの詳細が分かっていない段階でパンデミック(大流行)の結論を出すのは早いが、人が免疫を持っていない「新型ウイルス」である可能性があり、警戒が必要だ。

感染症法は新型インフルエンザを「一般に国民が免疫を獲得していない」と定義し、今回のウイルスはこの考え方に該当する。WHOは新型インフルエンザの発生状況を段階(フェーズ)で定義し、世界の現状は「動物から人への感染がある」フェーズ3の段階だ。次の「新型インフルエンザが小さな集団で発生」するフェーズ4の段階をWHOか日本政府が宣言することで、今回のウイルスへの新たな対策が求められることになる。【関東晋慈】

==============

■ことば

◇豚インフルエンザ
豚の間で流行するインフルエンザ。1930年に米アイオワ州で見つかった。A型インフルエンザの一種で、H1N1型が中心。76、88年に米国で小規模な流行が報告され、死者も出ている。

==============

■ことば

◇パンデミック(大流行)・フェーズ
WHOは、動物由来で人から人に感染する新型インフルエンザの大流行への警戒度を6段階で示している。現在は動物から人への感染はあるが、人から人への感染は非常にまれな「フェーズ3」。新型インフルエンザが発生すると「フェーズ4」になり、世界的な大流行状態は「フェーズ6」となる。

毎日新聞 2009年4月25日 東京夕刊

【転載終わり】----------------------------------------

ということで、厚生労働省は、きっと不眠不休の作業をしてくださっているのでしょう。はやホームページにインフォメーションがアップされております。

メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について(4/25)

210425

つぎに、厚生労働省が把握している現在までの状況を転記します。

1 メキシコにおける呼吸器疾患の状況等

(1) WHOからの情報によると、メキシコにおいて3月18日から4月23日までの間に、59例の死亡例を含む854例のインフルエンザ様症状のある患者が発生したとのこと。

(2) このうち18例については、カナダにおいて豚インフルエンザウイルス(H1N1亜型)であることが確認されており、12検体については米国で報告されている豚インフルエンザウイルス(H1N1亜型)と遺伝学的に同一と報告されている。

2 米国における豚インフルエンザウイルス(H1N1亜型)によるインフルエンザの状況等

(1) WHOによると、米国政府は7人の豚インフルエンザ(H1N1亜型)確定症例(5人はカリフォルニア在住、2人はテキサス在住)と9人の疑い例を報告した。確定症例7人のうち、1人は短期間の入院を要したものの全員軽度のインフルエンザ様疾患であり、死亡例の報告はない。

つぎに、厚生労働省の対応を転記します。

3 厚生労働省の対応

(1) 情報の収集と提供
健康局に情報共有連絡室を立ち上げ、WHO等から情報を収集。収集された情報については、迅速に提供。
なお、米国疾病管理センター(CDC)がホームページにおいて公表している情報については、4月24日に都道府県担当者に情報提供。

(2) 流行地に渡航される方への注意喚起
検疫所において、流行地に渡航する方に広報資料を配布する等して注意喚起。

(3) 流行地から帰国される方への対応
検疫所において、発熱されている方をサーモグラフィーにより確認。
メキシコからの帰国者に対して、インフルエンザ様症状がある場合には、検疫所に申し出るよう呼びかけ。
発熱、咳などの急性呼吸器症状を有する方には、健康相談室において診察を実施。(必要に応じて医療機関で治療)

(4) 医療関係者への情報提供
各自治体を通じ、医療機関に対し、治療方法等の情報を提供。

(5) 電話相談窓日の設置
本日(25日)夕方までに厚生労働省において一般の方からの電話相談窓口を開設。
対応時間 25日 開設~午後9時 を予定
       26日 午前9時~午後9時 を予定
       27日以降 追って決定します。
電話番号:03-3501-9031

つぎに、気になる豚インフルエンザについて転記します。

豚インフルエンザについて

1 疫学等

豚インフルエンザは、A型インフルエンザウイルス(豚インフルエンザウイルス)の感染により、通常、豚にインフルエンザを引き起こすが、死亡率は低い。発生はこ一年を通して起こりうるが、人の発生と同様、晩秋から冬の期間に多い。
豚インフルエンザで認められるA型ウイルスのタイプは、H1N1亜型、H3N2亜型等が主要なものである。ヒトで通常のインフルエンザを引き起こすH1N1亜型等のウイルスがあるが、異なる株である。

2 人への感染

(1)感染経路

通常、人に感染しないが、豚と直接接触した場合に散発的に感染することがある。
人から人に感染した例の報告もあるが、これまで集団発生には至っていない。
※ :米国CDCには、2005年12月から2009年2月までで12例の報告あり

(2)症状
通常のインフルエンザの症状に類似し、発熱、脱力、食欲不振、発咳などがみられる。鼻汁、咽頭痛、吐き気、下痢がみられることがある。

(3)診断
発症後4~ 5日以内に上気道からの検体を採取して実施する。
豚インフルエンザウイルスであることは、遺伝子検査等で離認する。

(4)治療
抗インフルエンザ薬の投与(今回米国で検出されたウイルスでは、オセルタミビルやザナミビルの投与が推奨されている)
※ :アマンタジンやリマンタジンヘの耐性が認められている。

(5)予防
現在、ヒト用のワクチンはない。

(参考資料:米国CDCホームページ)

つぎに、豚インフルエンザの集団発生の例を転記します。

おそらく、最もよく知られているのは、1976年にニュージャージー州・フォートディクスで起きた、兵士たちの間で流行した事例です。

X線検査でウイルス感染からの肺炎が確認され、少なくとも4人の兵士にウイルス性肺炎を認め、1名が死亡しました。この5人とも感染前は健康でした。

基地での訓練中に密接に接触したグループ内で感染したものと考えられています。

このウイルスは約1か月間まん延し、その後、消滅したと思われます。

ウイルスの由来や、フォートディクスヘ侵入した正確な時期、および感染拡大の要因とその流行期間とについてはよく解っていません。

このフォートディクスでの集風発生は、冬の間に人口が集中する施設内に動物由来のウイルスが侵入したことだったかもしれません。

フォートディックスの兵士から収集された豚インフルエンザA型ウイルスはA/New Jersey/76(Hsw1N1)と名付けられました。

ちなみに、私が過去に触れたブログ記事はこちら

2008年9月19日 (金) ある伝染病についての考察

これから、国家が流す情報を注視しましょう。

宮尾 孝三郎

« いろんな判断ミス | トップページ | 「備え」と「願い」は、「生」と「死」ほど違います »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろんな判断ミス | トップページ | 「備え」と「願い」は、「生」と「死」ほど違います »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ