« 地味な時代だからこそ、プロ根性 | トップページ | 大津市新パワーアップ夢実現事業公開審査会開催 »

2009年4月17日 (金)

公園での禁止行為を一部解除し、試験運用します

大津市のホームページから・・・

【以下転載開始】--------------------------------------

バーベキューの実施について

平成21年4月29日から5月31日までの間、なぎさ公園サンシャインビーチをバーベキューの実施場所といたします。今回の実施につきましては、試験的な運用であり、皆様のご利用状況等を調査した上で、来年以降の本格運用に向けて準備いたします。

つきましては、下記の点にご注意の上、ご利用いただきますよう宜しくお願いいたします。

1 実施期間
平成21年4月29日から5月31日 午前10時から午後5時まで

2 実施場所
なぎさ公園サンシャインビーチ

210417

3 利用料金
無料(駐車場は有料)

4 注意事項
・直火、たき火は禁止します。(足付きコンロのみ使用可)
・打ち上げ花火やロケット花火等、花火類は禁止します。
・騒音、大声、暴力などの迷惑行為は禁止します。
・ゴミは各自でお持ち帰り下さい。
・バーベーキュー実施後の炭は指定する場所に捨てて下さい。
・用具等の貸し出しはありません。

都市計画部 公園緑地課
電話番号077-528-2784
ファックス番号077-525-7052
メールアドレスotsu1809@city.otsu.lg.jp

【転載終わり】----------------------------------------

大津市の公園は、すべて“たき火”が禁止されています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

○大津市都市公園条例
昭和40年3月29日
条例第18号

(行為の禁止)
第5条 都市公園においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし、法第5条第1項、法第6条第1項若しくは第3項又は第3条第1項若しくは第3項の許可に係るものについては、この限りでない。
(1) 都市公園を損傷し、又は汚損すること。
(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。
(3) 土地の形質を変更すること。
(4) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。
(5) はり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。
(6) 指定された場所以外の場所でたき火をすること。
(7) 立入禁止区域に立ち入ること。
(8) 指定された場所以外の場所に車馬を乗り入れ、又は止めておくこと。
(9) 前各号のほか、都市公園の利用及び管理に支障がある行為をすること。
(平16条例57・一部改正)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

その指定された場所とは、大津市全域の公園の中で皇子が丘公園のユースホステル跡地前の1カ所のみであり、その箇所も現在雨水排水施設工事現場となっておりますので、現在大津市の管理する公園でたき火のできる公園は一カ所もありません。

そのたき火の解釈は、直火の禁止をうたっているのか、バーベキューコンロの使用も禁止しているのか、あいまいでありますが、バーベキュー行為の激しいなぎさ公園現地に設置されている大津市の看板には「公園内でのバーベキューやたき火等の火気使用は禁止します」とありますので、バーベキュー行為は間違いなく禁止であります。

このたび足つきコンロでのみ、指定場所でのバーベキューが試験的に許可されます。

ここで、市民の皆様及び市外から来られる方々に誤解のないようお願いしたいのは、指定された公園の可能エリア以外でたき火やバーベキュー(火気使用の調理行為)を行うと条例違反になります。くれぐれも、指定場所以外での火気の使用は行わないでください。

皆様の規律ある利用をお願いいたします。

【以下議会での経緯を掲載】---------------------------

平成20年 6月定例会-06月10日-09号

◆6番(宮尾孝三郎議員)

次に、公園での禁止行為であるバーベキューについてお伺いします。

本市都市公園条例第5条、行為の禁止、項目6には、指定された場所以外の場所でたき火をすることとはっきりうたっております。

その指定された場所とは、大津市全域の公園の中で皇子が丘公園のユースホステル跡地前の1カ所のみであり、その箇所も現在雨水排水施設工事現場となっておりますので、現在大津市の管理する公園でたき火のできる公園は一カ所もありません。

そのたき火の解釈は、直火の禁止をうたっているのか、バーベキューコンロの使用も禁止しているのか、あいまいでありますが、バーベキュー行為の激しいなぎさ公園現地に設置されている大津市の看板には「公園内でのバーベキューやたき火等の火気使用は禁止します」とありますので、バーベキュー行為は間違いなく禁止であります。

そのバーベキューでありますが、飲酒も当然散見されます。

また、発生するごみの行方を見ておりますと、大抵分別されずに、大津市が設置されているごみ箱に詰め込むか、入り切らないので、ごみ箱の近くに放置して帰るというものであります。まだ片づける方はましなほうで、炭や灰皿、網やアルミホイルなどをその場に放置する集団等も散見されます。

さて、この間陽気に誘われ、対岸にあります矢橋帰帆島公園に行ってきました。

この公園は、財団法人滋賀県下水道公社が管理する公園であります。

こちらの公園は管理が行き届いており、利用上の注意として「決められた場所以外での火気の使用は厳禁です」とあり、その決められた場所とは有料キャンプ場であります。

日帰り、宿泊の2別で対応しており、利用方法については細部にわたってルール決めをしておられます。

先ほど触れましたごみについて紹介をいたしますと、「ごみは、ごみ袋をお渡ししますので、次のように分類し、ごみステーションまで持っていってください。残飯等の生ごみ、紙類は指定紙袋へ、プラスチック類、ラップ、ポリ袋、食品トレーなどは白い透明ごみ袋へ、金属類、空き缶、アルミホイルなどは青いごみ袋へ、ガラス類、瓶類等はコンテナボックスへ、灰は土のう袋へ」といったように、管理人のきめ細かい対応により、公園における利用者の秩序向上にも役立っております。

これらの公園利用における秩序の維持向上については、持ち込み可能物品の項目に始まり、利用後の清掃に至るまで網羅されており、利用終了時には管理人立ち会いのもと状況を確認するなど、徹底されたものです。

公園内で火気を使用させるには、これだけの管理者責任が発生します。

琵琶湖の西と東でこの対応の違いがあるということはインターネットでも調べることができ、残念ながら大津市の都市公園については、要領のよい利用者にうまく使われてしまっているのが現状であります。

また、他府県ナンバーの利用者が多いことも傾向として出てきております。

琵琶湖を有する環境先進地という特性に市民に御理解いただく努力をされた上で、バーベキューを今までどおり禁止にして、その違反行為の解消に力を注ぐか、あるいはバーベキューコーナー等を新規整備し、利用料金を徴収し、秩序ある中での利用を管理する管理人の設置などを検討される等、考慮すべき段階にあると思いますが、見解を伺います。

◎寺田智次 都市計画部長

公園での禁止行為、バーベキューについてでありますが、公園でのバーベキューは、周辺地域へのにおいや放置されたままのごみの問題等も生じているところであります。

しかし一方、野外での食事が公園での家族のふれあいあるいは市民の交流の機会になっているのも事実であり、一概に禁止するという方向ではなく、バーベキューのできる場所の設定や、それに伴う経費の負担など、その管理の仕方等を検討し、快適な公園利用が実現できるよう努力してまいりたいと考えております。

【掲載終わり】----------------------------------------

関連記事

2008年4月29日 (火) 公園の風景

2008年5月18日 (日) 公園のあり方

宮尾 孝三郎

« 地味な時代だからこそ、プロ根性 | トップページ | 大津市新パワーアップ夢実現事業公開審査会開催 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地味な時代だからこそ、プロ根性 | トップページ | 大津市新パワーアップ夢実現事業公開審査会開催 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ