« 別れの季節 | トップページ | 人生ゲーム »

2009年3月 9日 (月)

是々非々を貫くには、時には行動が必要なときも

まずは、3月3日の私の質疑並びに一般質問の動画がアップされましたので、ご紹介します。

宮尾 孝三郎
1 市民センター等の情報発信について
2 議案第1号 平成21年度大津市一般会計予算 緑化重点地区整備事業(柳が崎湖畔公園)について
3 議案第22号 大津市路上喫煙等の防止に関する条例について
4 議案第52号 平成20年度大津市一般会計補正予算(第4号) 緑化重点地区整備事業(皇子が丘公園)について

↑コチラをクリック!

----------------------------------------------------

本日、私が所属する“教育厚生常任委員会”が午前10時より開催され、付託案件の審査が行われました。

1 市民病院・ケアセンターおおつ
    議案第15号 平成21年度大津市病院事業会計予算(全員一致で可決)
   議案第16号 平成21年度大津市介護老人保健施設事業会計予算(全員一致で可決)

2 健康保険部
   議案第1号 平成21年度大津市一般会計予算のうち健康保険部の所管する部分(賛成多数で可決)
   議案第2号 平成21年度大津市国民健康保険事業特別会計予算(賛成多数で可決)
   議案第6号 平成21年度大津市老人保健医療事業特別会計予算(賛成多数で可決)
   議案第11号 平成21年度大津市介護保険事業特別会計予算(賛成多数で可決)
   議案第13号 平成21年度大津市後期高齢者医療事業特別会計予算(賛成多数で可決)

3 福祉子ども部
   議案第1号 平成21年度大津市一般会計予算のうち福祉子ども部の所管する部分(賛成多数で可決)
   議案第14号 平成21年度大津市母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計予算(全員一致で可決)

4 教育委員会
   議案第1号 平成21年度大津市一般会計予算のうち教育委員会の所管する部分(賛成多数で可決)

青で表示した議案は、わが会派清正会(しんせいかい)、対話の会・杣及び共産党が反対しました。そのうち、清正会及び対話の会・杣は、修正議案を準備しての反対です。

---------------------------------------------------

討論

それでは、会派清正会の討論を行います。


ただいま審議させて頂きました議案第1号の当初予算議案のうち、教育厚生常任委員会に分割付託された部分において特に疑念を持つものではありませんが、
他の委員会に分割付託された部分で、修正すべき箇所を認識しており議案第1号当初予算議案に対する修正案の提出を予定しておりますので、反対といたします。

---------------------------------------------------

赤で表示した議案は、共産党のみ反対しました。

明日は、“生活産業常任委員会”が午前10時に開催され、わが会派清正会(しんせいかい)からは、山本議員が当該委員として出席されます。

--------------------------------------------------

さて、気になるニュースをひとつ

【以下転載開始】------------------------------------

クジラとイルカ192頭が浅瀬に迷い込む 豪タスマニア

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200903020023.html

(CNN) オーストラリア南東部タスマニアの野生動物保護当局は2日、豪州本土との間にあるキング島の浜辺に、計192頭のクジラとイルカが打ち上げられ、このうち50頭以上を救助し、沖合に戻したと発表した。残りは衰弱死した。

浅瀬に迷い込んだクジラのうち、54頭はゴンドウクジラだった。

大量のクジラとイルカが浅瀬に迷い込んだ原因は不明。また、クジラとイルカが同時に迷い込むことは、珍しいという。

オーストラリアにおいて、クジラが浅瀬に迷い込むケースの90%以上が、タスマニアで発生している。2004年11月には97頭がキング島の湾内に迷い込み、全個体が死んでいる。
2009.03.02 Web posted at:  20:55  JST Updated - CNN

【転載終わり】----------------------------------------

そして、過去のこの記事・・・

【以下転載開始】-------------------------------------

対潜水艦ソナー クジラ保護主張忘れたか

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-26907-storytopic-11.html

2007年9月6日

米カリフォルニア州連邦高裁は、対潜水艦哨戒用の中周波の音波探知機(ソナー)を、米海軍が使用することを認める判決を下した。

2006年のロサンゼルス地裁判決が「(クジラなど)多くの哺乳(ほにゅう)類を傷つけ、生態系を阻害する恐れがある」と認定し、使用を一時的に禁止した仮処分を覆した。

高裁判決は海洋哺乳類の安全に重大な影響を与える恐れのある機器を、米海軍が無制限に使用することにお墨付きを与えるものであり、容認できない。

米国は反捕鯨国の急先鋒(せんぽう)だが、軍事のためにはクジラを保護すべきだとの自らの主張は忘れたかのようである。その一貫性のなさを司法も是認したと言えるだろう。

同じく危険性が指摘される低周波ソナーは、日本周辺に限って米国が使用することを日本に相談なしに決めている。那覇軍港には、低周波ソナーを搭載した音響観測船が度々入港している。

低周波ソナーはジェット機並みの騒音があり、海洋哺乳類の脳や鼓膜に影響し、大量死につながるとの指摘がある。

実際、2000年には米海軍がカリブ海で低周波ソナーの実験中、クジラ16頭が打ち上げられる事件も起きている。

慶良間諸島などでは、ホエールウオッチング観光が人気を集めている。沖縄周辺海域を回遊するクジラの生息環境が低周波に加え、中周波ソナーで悪化すれば、それが成り立たなくなる恐れがある。

高裁判事は判決で「われわれは現在、二つの国と戦争を遂行中」として、海洋哺乳類の安全確保よりも軍事を優先することを当然視した。

国際社会の反対がある中、米国主導で先制攻撃を強行したイラク戦争では、開戦理由に掲げた大量破壊兵器が見つからず「戦争の大義」は崩壊している。「戦争を遂行中」との理由は果たして妥当と言えるのか。

他国の大切な自然、生息動物、観光資源までも破壊する権利は、米国にはない。

米国の反捕鯨の旗はどこに行ったのか。

【転載終わり】--------------------------------------

イルカやクジラなどの海生生物は、このソナーと同じ仕組みを使用して暮らしています。ですから、非常にソナーには敏感なわけです。

日本の捕鯨は様々な国から非難されていますが、シーシェパードは米海軍にも抗議しているのでしょうか?

宮尾 孝三郎

« 別れの季節 | トップページ | 人生ゲーム »

定例会・臨時会議事録等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別れの季節 | トップページ | 人生ゲーム »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ