« 国益にかなう政治をしているのはどちらか!? | トップページ | 全員協議会2日目 »

2009年2月19日 (木)

予算書の説明を執行部に求める全員協議会開催

本日は、平成21年度一般会計予算議案の説明を執行部に求める、全員協議会が開催されました。

予算書の厚さは18mm。その中に新年度の予算の情報がぎっしり詰まっております。

2102191

予算書というものは、表なわけですが、眺めているだけではちっとも表の意味が分かりません。

2102192

執行部が読み上げる際に、ちょっとした解説をしてくれるわけですが、早すぎてメモをとる暇もありません。

「款(かん)2 総務費 項(こう)1 総務管理費 目(もく)1 一般管理費の説明欄5 一般行政推進費の総務部でございますが、○○○事業の推進や△△△に充てられる経費でございます。恐れ入りますが次(じ)ページ120ページをお願い致します。説明欄3 財務会計オンラインシステム経費でございますが・・・・」

といった感じで、20名ぐらいの執行部職員の方々が、矢継ぎ早に滑らかな口調で延々と読み上げていきます。朝10時~午後4時すぎまでの間、食事休憩と3時の休憩をはさみながらも延々と続きます。

予算書の説明を受けるのは、平成19年度予算、平成20年度予算及び今回の平成21年度予算と今回で3回目でありますが、誰も予算書の見方を教えてくれるわけではないので、自ら勉強しないといつまでたっても分かりません。

ちなみに、平成21年1月19日に国会に提出された、平成21年度予算政府案の中身はこんな感じ

2102190_2

↑一般会計予算    当初予算 [第171回(常会)]80頁

と、国の予算書では、『項』で終わりです。

我々、地方自治体の予算書では、款(かん)、項(こう)、目(もく)、 節(せつ)、説明(せつめい)という構成になります。

国会の議決の対象となるのは、歳入歳出とも「項」まででして、これを立法科目といいます。

そして、国会の審議対象ではありませんが、行政部内での財政監督上規制の対象とされるものが「目」であり、行政科目と呼ばれます。

そうやって、国からの流れが分かってくると、チョットは意味が分かるというものです。

---------------------------------------------------

ちなみに、16日に 市長が体調を崩し入院され、副市長が18日付で市長の職務代理者となりましたので、本日議案書等の差し替えも行われました。

2102191_2

↑同じ議案番号の議案書ですが、上程者名が違います。

2102192_2

↑当初の議案上程者名

2102193

↑職務代理者に変更されました。

---------------------------------------------------

明日は、平成21年度特別・企業会計予算議案の説明を受けることとなります。

宮尾 孝三郎

« 国益にかなう政治をしているのはどちらか!? | トップページ | 全員協議会2日目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国益にかなう政治をしているのはどちらか!? | トップページ | 全員協議会2日目 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ