« 豪華客船で世界一周の旅 | トップページ | 大津の風景 »

2009年2月 4日 (水)

clever

ある街の風景・・・

田んぼだった地域に、賃貸集合住宅ができます。

田んぼで農業を営まれてきた方は、「これも時代の要請か・・・」と大家さんになることを決意します。

20年後・・・

老朽化してきた集合住宅から、入居者が離れていきます。当然、大家さんの賃料収入は減っていきます。

賃貸集合住宅の建設を勧めたデベロッパーさんが、「あの集合住宅、買い取りましょうか?」と話を持ちかけます。

思ったほどの金額ではありませんでしたが、空き住戸が目立ってきた物件を買い取ってもらう良いチャンスと思い、交渉成立です。

その区画付近には、同じような事情で当該デベロッパーに買収された物件が他にも数件ありました。

そして、ある日看板が立ち、そこに中高層マンションが建つことを知ることとなります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

開発業者さんは、このような長いスパンで戦略的に物事を進めていくのだということが分かりました。

お金儲けが上手な方は、賢い(cleverのほう)ですね。

とはいえ、時代が味方してくれなくなってきたようです。しばらくは、冬の時代のようです。

宮尾 孝三郎

« 豪華客船で世界一周の旅 | トップページ | 大津の風景 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豪華客船で世界一周の旅 | トップページ | 大津の風景 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ