« 日本の霞んだ将来像・・・ | トップページ | スノーシューと鹿肉料理 »

2009年1月18日 (日)

ガラガラ・ポン

オバマ就任まで、あと2日。日本のテレビもおもしろい演出ですね。

サンデージャポンという番組では、暴動の鎮圧に威力を発揮する、人に優しい「安全な最新兵器」を紹介していました。

2101180

↑暴動があった場合でも、人に対して安全な兵器をアメリカは既に開発済みです。

2101184

↑暴動に対して、基本ですね。

2101181

↑色々な兵器を紹介していましたが、この電磁波兵器は暴動鎮圧に最適です。

2101182

電磁波を照射して、電子レンジでチンするようなお手軽さです。

2101183

↑でも、とっても安全な兵器なんだそうです。

ちなみに『アクティブ・ディナイアル・システム』←ウィキペディア解説はこちら

夜は、日曜洋画劇場で「007『ゴールデン・アイ』」をやっていましたが、この物語のタイトルになっている“ゴールデンアイ”は旧ソ連の衛星兵器。核攻撃に対する報復用。電磁波を発射し、あらゆる電子機器を使用不能にするという、設定上の架空の兵器ですが、電磁波がここでもクローズアップされています。

ちなみに、アメリカの元国務長官のコリン・パウエルが昨年の10月19日にテレビで、『もうすぐ起こるであろう』ことに言及したと、週刊ポストが取り上げています。

210118

↑まだ売っていますので、お近くのお店でお買い求め下さい。

ちなみに、週刊ポストが取り上げたアメリカでのテレビ放映はコチラ↓

More Colin Powell on Meet the Press 10/19/2008

----------------------------------------------------

ココからは、話題のベクトルが若干変わりますが・・・

そして、私の住む街で3日ほど前に掲示され始めた映画の告知

210116

210116_2

で、この映画の上映会が、本日京都でありましたので、研究がてら行ってきました。

映画は、「ノモンハン」と「天皇伝説」の2本が関連しておりまして、この順番で見るのが正しいようです。

会場には、私みたいに「電柱の広告をみてなんとなく」という方から、静かなファン層の方々や、他の目的で来られている方など、まあまあの集客状況で、席の6~7割が埋まっていたようです。

しかし、映画の出来としては正直褒められたものではありません。この街頭広告と、映画が上映される前に監督自らお話される内容、映画、そして・・・

210118_2

↑映画のパンフレットをそれぞれ700円で購入して、隅々まで読んで、その数々のキーワードをヒントに自分なりに調べないと、消化できないストーリーです。

世の中が、ガラガラ・ポン(リセット・再編)を期待しているかのような情報ばかりを浴びた1日でありました。

追伸:電柱に掲げられた広告は、上映会は済みましたから、速やかに撤収されることを望みます。本市は古都指定を受けておりまして、景観に対しては非常に敏感です。

宮尾 孝三郎

« 日本の霞んだ将来像・・・ | トップページ | スノーシューと鹿肉料理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の霞んだ将来像・・・ | トップページ | スノーシューと鹿肉料理 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ