« スクラップでもビルドでもなく、メンテナンスな今 | トップページ | ひとつの時代のおわり、そして明日から新たな出発 »

2009年1月21日 (水)

ガラガラ・ポンⅡ

バラク・フセイン・オバマ・ジュニア氏が、無事に大統領に就任されました。

まずは、麻生首相の談話から・・・

【以下転載開始】--------------------------------------

米国オバマ政権発足に際する内閣総理大臣の談話
平成21年1月21日

 オバマ政権の発足に際し、日本政府を代表して、心から祝意を表明する。

 オバマ大統領は、幅広い層の米国民の支持を受けて当選された。
 同大統領が、外交、国防、経済、環境・エネルギーなど、各分野の優れたチームを率いて、厳しい経済情勢を始めとする諸課題の克服に卓越したリーダーシップを発揮し、大きな成果をあげられることを期待している。

 日米両国は、普遍的価値と戦略的利益を共有する同盟国である。
 私は、世界をリードする立場にある日米両国が、知見、意思、情熱、そして戦略を結集することで、より良い未来が創れるものと確信している。
 この信念をもって、私は、オバマ大統領と手を携えて、日米同盟を一層強化し、アジア太平洋地域世界の平和と繁栄に向けて力を尽くしていきたい

【転載終わり】-----------------------------------------

“日米同盟”という言葉は、“仲良しグループ”という意味ではありません。あくまで、日本とアメリカ合衆国の安全保障のため、日本にアメリカ軍(在日米軍)を駐留することなどを定めた二国間条約のこと(ウィキペディアより)であります。

ちょっと刺激的過ぎますね。

さて、オバマ大統領就任で、経済はどのような反応を見せたでしょうか?

【以下転載開始】-------------------------------------

外為・株式:NY市場 オバマ氏就任日、急落 歴代大統領最大の下落率

【ワシントン斉藤信宏】オバマ米大統領が就任した20日のニューヨーク株式市場は金融不安再燃の懸念が強まったことなどを受けて急落、ダウ工業株30種平均は前週末終値比332・13ドル安の7949・09ドルで取引を終えた。

終値で8000ドルの大台を割り込んだのは昨年11月20日以来約2カ月ぶり。

下落率は4%で、米メディアによると歴代の大統領就任日としては過去最大だった。

バンク・オブ・アメリカは29%安の5・1ドル、シティグループは20%安の2・8ドルまで下落した。

毎日新聞 2009年1月21日 東京夕刊

【転載終わり】----------------------------------------

ということで、厳しいですね。

フランクリン・ルーズベルトが行ったニューディール政策は、第二次世界大戦がクラッシュアンドビルドしたから、成功の評価に達したともいわれています

オバマ氏のグリーンニューディール計画が、額面どおりの政策になることを望みます。

さて、米軍がらみで動きがあります。

【以下転載開始】--------------------------------------

米軍横田基地、事務所ほぼ全焼  3700平方メートル

 東京都福生市など5市1町にまたがる在日米軍横田基地内の火災は、国防財務会計事務所約3700平方メートルをほぼ全焼。21日朝になっても白煙が上ってくすぶり、米軍などが消火活動に当たった。

 東京消防庁によると、米軍側から連絡がないため、鎮火したかどうか把握できないという。

 横田基地などによると、出火は20日午後6時半ごろ。要請を受け東京消防庁から出動した消防車9台は21日午前、1台を残して撤収した。

 基地では近く調査チームを設置し、出火原因などを調べる方針。

2009/01/21 13:20   【共同通信】

【転載終わり】-----------------------------------------

ピンポイントな火災です。後々理由が分かってくるでしょう。

そして・・・

【以下転載開始】--------------------------------------

オバマ大統領:グアンタナモ軍事法廷の審理停止を指示

【北米総局】オバマ米大統領は20日、グアンタナモ米海軍基地(キューバ)の特別軍事法廷の審理を120日間停止するよう指示した。ロイター通信などが伝えた。同日昼に第44代大統領の就任宣誓を終えたばかりのオバマ氏は、人権侵害の疑いで批判を浴びてきた同基地のテロ容疑者収容所について、大統領として初めて判断を下すことで新政権のスタートを印象付けた。

オバマ氏の指示は、軍事法廷の判事が21日に検討する。審理が停止されれば、01年の米同時多発テロ事件に関する1件を含む21件に影響が及ぶ見通し。収容所の閉鎖に前向きとされるオバマ氏は審理の停止期間を使い、収容所の実態や裁判のあり方を検証する方針とみられる。収容所には約250人が拘束されている。

毎日新聞 2009年1月21日 21時05分

【転載終わり】----------------------------------------

ブッシュさんが始めた「テロとの闘い」という“終わりのないどこまでも続く犯罪捜査(という戦争)”に終止符を打とうとアクションをおこすと、「反応がありますよ」という見方も出来ます。

日本では、北朝鮮に拉致された方々の早期帰国を願う運動が忍耐強く継続されていますが、このグアンタナモも近い解釈が出来るという見方もあります。

真実は、オバマ氏が明らかにしてくれることを期待しつつ、国際金融資本軍産複合体の動きにも注意しましょう。

宮尾 孝三郎

« スクラップでもビルドでもなく、メンテナンスな今 | トップページ | ひとつの時代のおわり、そして明日から新たな出発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スクラップでもビルドでもなく、メンテナンスな今 | トップページ | ひとつの時代のおわり、そして明日から新たな出発 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ