« 素朴な疑問 | トップページ | 大津の味も勝負できるポテンシャルがあります! »

2009年1月31日 (土)

アメリカの現状

今日は、アメリカのニュースを・・・

【以下転載開始】--------------------------------------

米NY市が市の職員2万3000人を解雇へ 7割が教職員

 財政難にあえぐニューヨーク市は、7月から市の職員を2万人以上削減すると発表しました。  今回削減される約2万3000人のうち、7割近くが教職員ですが、警察官も雇用の抑制などで2000人以上減らされます。金融危機の影響で税収が激減したニューヨーク市は深刻な財政難で、ブルームバーグ市長も窮状を訴えました。 ブルームバーグNY市長:「今の会計年度で8億ドル。新年度では20億ドルの予算割れだ」 市の試算では、今年6月までの2009年度の税収は33億ドル=約3000億円減る見通しです。

[ 31日13時52分 ]ANNニュース

【転載終わり】---------------------------------------

このようなニュースは、10日前にも西海岸で出ていましたね。

【以下転載開始】------------------------------------

【鼓動】カリフォルニア州破産? 「財政赤字」許容なき地方政府
2009.1.19 17:48 産経ニュース

底が見えない景気悪化が続く中、「カリフォルニア州の破産」という、一見荒唐無稽(むけい)な事態が起きる可能性が取りざたされている。

シュワルツェネッガー知事はこのほど行った年頭施政方針演説で、「このままでは2月中にも、わが州は支払い不能に陥る」と、非常事態を宣言した。だが、同じく自治体破綻(はたん)が問題となっている日本とは、ずいぶんと事情が異なる部分もある。「黄金州」の別名を持つカリフォルニアの金庫事情をさぐった。

■警官が来ない

「泥棒が入っても、犯人が逃走ずみなら警官は来ない。それどころか、警察に電話しても応対するのは留守番電話だけだ」

サンフランシスコ北方約50キロに位置する人口約12万人の地方都市、バレホ。人員削減で閑散とした市役所内で、オズビー・デービス市長は「破産」の厳しい現実を説明する。

同市は昨年5月、米国地方自治体に適用される連邦破産法第9条を申請し、破綻した。高コスト体質に苦しんでいた同市にとって、サブプライムローン問題は決定的な一撃となった。

「問題の構造は、多くの地方自治体に共通している」。そのデービス市長の言葉を裏付けるように、昨年末からカリフォルニア州の財政危機が指摘され始めた。シュワルツェネッガー知事は同州が今後18カ月の間に420億ドル(3兆8000億円)の赤字に直面するとの見通しを明らかにした上で、1月15日に行った施政方針演説で「このままでは数週間で州の金庫はからっぽになる」と非常事態を宣言した。

■前代未聞の事態

州が支払い不能になるとどんな事態が起きるのか。

バレホ市が適用を申請した連邦破産法第9条は、州には適用されない。つまり、州には破産、あるいは日本における財政再建団体指定といった法的措置はない。米国では大恐慌時にも州の破綻は起きておらず、これまで想定されていなかった事態といっていい。

現実に支払い不能に陥った場合、カリフォルニア州は各種の支払いを全面的にストップし、かわりに借用証を発行すると説明している。「IOU」と呼ばれるこの書類、実は1992年に一度、暫定的に発行されたことがあった。

当時は公務員向けの信用組合などがIOUを引き受け、現金化した。しかし、今回は情勢も異なり、金融機関が金化に応じるかどうかは不明だ。このほか、バレホ市でみられたような警察、消防をはじめ教育、道路などのインフラ整備など、あらゆる住民サービスの低下はさけられない。

■州の地位に変化?

知事がいう420億ドルの負債を3500万人の州民1人当たりに換算すれば1200ドル(10万8500円)。破綻した夕張市の住民1人当たり負債額が500万円近くに達していたことからすれば、カリフォルニア州財政はまだまだ“健全”なレベルともいえる。

にもかかわらず「破綻」が取りざたされる背景には、米国で多くの自治体に義務づけられている財政均衡規定の存在がある。この規定が適用されない連邦政府は巨額の財政赤字が許容されるが、地方政府は基本的に赤字垂れ流しは許されない。このために、日本からみれば問題のない水準の赤字であっても、緊急事態に発展するわけだ。
 そうした意味で、「『破綻』『破産』といった言葉が飛び交うのは、ある程度、政治的なやりとりと考えていい」と、民間シンクタンク・カリフォルニア経済研究所のスティーブン・レビー所長は指摘する。ただし、現在の財政危機を軽視するべきではない、とも付け加えた。「最終的なツケは結局、州民に回ってくる」からだ。

米国では伝統的に、地方政府である州は連邦政府への従属を嫌い、高い独立性を保ってきた。このため、州が連邦政府から救済を受けたケースはこれまで、一部をのぞいてなかった。

しかし今回、シュワルツェネッガー知事はすでに連邦政府に緊急融資を要請する書簡を送付している。「金融、自動車と公的資金による救済が続いた08年に続き、今年は地方自治体救済の年になるかもしれない」(レビー所長)。それは、高度な地方分権を守ってきた米社会の仕組みの根本的な変化につながる可能性をも秘めている。
米地方財政危機 景気後退による税収の減少を受け、カリフォルニア以外の州でも財政状況は悪化の一途をたどっており、昨年末の発表では10億ドル以上の赤字を抱える州がカリフォルニア、イリノイ、フロリダなど9州、その他赤字に転落した州も多数に上った。市町村レベルではさらに深刻で、ジョージア州アトランタ市が自治体業務の金曜休業を打ち出すなど、市民生活に影響も出始めている。

【転載終わり】---------------------------------------

いま(23:40)、調べものの最中に、グーグルサイトが異常な状況になりました。

210131

↑ご覧のように、何のたわいもない「国会」というキーワードで検索したら、

このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります

ですって・・・

そこで、このキーワードでさらに調べてみると・・・

2101311

これ以上、調べるな!ってことですかね。

日本の宗主国の末期を見ているようです。

宮尾 孝三郎

---------------------------------------------------

*追伸

Googleに不具合 全検索結果に「コンピュータに損害を与える可能性」とメッセージ

Google検索で不具合が起きていた。どんなキーワードで検索しても「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示されていた

2009年02月01日 00時03分 更新

 Google検索で、1月31日午後11時35分ごろから一時、不具合が起きていた。

どんなキーワードで検索しても「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示され、検索結果をクリックするとマルウェア感染の警告を示すページを表示。

検索結果に直接アクセスできなくなっていた。不具合は12時15分(2月1日0時15分)ごろ解消した。

*続報

検索結果に「損害生じるサイト」ずらり グーグルが不具合謝罪
2月1日10時44分配信 産経新聞

グーグル社のインターネット検索サービスで31日深夜に不具合が生じた問題で同社は1日、「単純な人為的ミスだ。慎重に調査し、再発防止へ向けてチェック態勢を強化する。大変申し訳ない」とするコメントを自社のブログで公表し、謝罪した。

不具合は、同社の検索機能を利用した際、「コンピューターに損害が生じる可能性があります」とする警告画面が表示され、検索結果のリンク先に接続できない状況が生じたもの。

同社のコメントによると、不具合はグリニッジ標準時の31日午後2時半(日本時間同午後11時半)から55分間続いた。同社では、ユーザー保護の目的で、有害なウェブサイト一覧を随時更新しているが、その作業で人為的なミスが生じ、URLアドレスに「/」の記号が含まれていたすべてのサイトが有害とみなされたという。

« 素朴な疑問 | トップページ | 大津の味も勝負できるポテンシャルがあります! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素朴な疑問 | トップページ | 大津の味も勝負できるポテンシャルがあります! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ