« 架空請求 | トップページ | New Deal~World War Ⅱ »

2009年1月 5日 (月)

軍事プチ知識(RPG-7)

今日は、プチ軍事知識です。

2001年の12月22日に九州の南西海域で北朝鮮の工作船が自爆・沈没しましたが、その直前に海上保安庁の巡視船に対し、対戦車ロケット弾攻撃(you tube動画の8:01で発射の瞬間が映っています。)をしています。

また、ソマリアの海賊と呼ばれる人々も対戦車ロケット弾を携行している姿が目撃されています。

そのほとんどは、RPG-7(アール ピー ジー セブン)という旧ソ連が開発した歩兵が携行するロケット弾発射器です。

210105rpg7

比較的安価で、発展途上国に人気があります。この動画を見るには、ココをクリック!

狙う方向に、オリーブ色の弾頭を向けるワケですが、茶色の筒のさらに後ろのラッパ状にひらいたところからは、射撃の瞬間、後方爆風(こうほうばくふう)という火炎と熱風が後方に吹き出します。その直後にいた人は、死ぬか重度のやけどを負ことになります

ですから、このような火器を持っている人が近くにいたら、前も後ろも危ないと覚えておきましょう

「日本で、こんなもの持ってる人はいないのに、なぜ?」と、お思いの方がほとんどだと思います。

平成16年に国民保護法というものが施行されていますが、これは、わが国が外国から武力攻撃などを受けた場合に、政府等がいかに国民を守るかという法律です。

↓内閣官房国民保護ポータルサイトより

2101051

2101052

上記のような想定がされていますが、日本にゲリラや特殊部隊が潜入した場合、ほぼ確実に携行しているであろう火器のひとつがRPG-7ですので、覚えておいて頂きたいなあと思うわけです。

用途としては、戦車を攻撃したり、建物や遮蔽物を攻撃したりするのが一般的ですが、冒頭で述べたように、船を攻撃するときに使う人たちもいます。

自主防災組織の立ち上げが全国的にさかんですが・・・

第4条の3 国及び地方公共団体は、自主防災組織(災害対策基本法(昭和三十六年法律第二百二十三号)第五条第二項の自主防災組織をいう。以下同じ。)及びボランティアにより行われる国民の保護のための措置に資するための自発的な活動に対し、必要な支援を行うよう努めなければならない。

第173条の3 国及び地方公共団体は、自主防災組織及びボランティアにより行われる緊急対処保護措置に資するための自発的な活動に対し、必要な支援を行うよう努めなければならない。

とあるように、国民保護法に自主防災組織のことが記されていますので、少なくとも自主防災組織の方々には知っておいてもらいたい知識でもあります。

宮尾 孝三郎

« 架空請求 | トップページ | New Deal~World War Ⅱ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

今、日本もアメリカも不況、不況の話題ばかりで、テレビを見ても新聞を見ても暗い気持ちになります。

今年は選挙が多くなりそうだし、裁判員制度も始まり、バタバタしている間に一年が終わってしまいそうな・・・あまり難しいことは分からないけど、ここが踏ん張りどころかとも思います。何事にも焦らず、マイペースで過ごせたらと思います。
そして、今年の暮れには「今年は良かった」と言えたらいいでしょうね。

あけましておめでとうございます!

そうですね、非常に不安定な世界・国内情勢が、昨年よりもより深刻な状況になること必至ですが、心穏やかに暮らしは質素に過ごすことが、自己防衛になるとおもいます。
本年もよろしくおねがいしますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 架空請求 | トップページ | New Deal~World War Ⅱ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ