« イマジネーション | トップページ | 悪役が悪者になる日 »

2008年12月29日 (月)

あくまで「pre」ですから・・・

素朴な疑問が、頭から離れません。

【以下転載開始】--------------------------------------

新型インフルエンザ 関西の備えは万全か
2008.12.24 00:28(産経ニュース)

大阪府や関西空港などでは現在、どんな新型インフルエンザ対策を講じているのだろうか。

大阪府では、国民の人口の約23%分の治療薬「タミフル」を国と地方が備蓄する国の行動計画に合わせ、府としての行動計画を策定し、平成18、19年度の2年で72万人分のタミフル備蓄を終えた。

だが今秋、国が備蓄目標量を人口の45%に引き上げたため、府はさらに92万人分のタミフルを備蓄する必要性が生じた。担当職員は「国からの財政措置がないと、東京以外はとても追加購入できない状況」と窮状を訴えている。府ではこのほか、新型インフルエンザの発生時に医療従事者が着用する個人防護服約1万セットの準備を終えた。

関西空港検疫所では、航空機内で発生する複数の患者を想定し、医療従事者が着用する防護服を90日分常備。関西空港会社では、患者に接する場合に用いる職員用のマスク1000枚▽手指消毒薬10個▽感染防止衣30着-などを備蓄した。

また大阪府警では、警察庁が9月に定めた「新型インフルエンザ対策行動計画」に沿い、10月に対策委員会を設置。府の来年度予算では、警察官が着用する防護衣や被留置者のマスクなど5カ年で計2億1500万円を要求している。行動計画によると、新型インフルエンザが発生した場合は、空港周辺での警備の強化や混乱に乗じた犯罪の取り締まりにあたることになっている。

【転載終わり】---------------------------------------

新型インフルエンザは、まだ自然界には現出していないと思われます。

ワクチンというものは、毒性をなくしたかあるいは弱めた病原体から作られるのですが、プレパンデミックワクチンは、新型インフルエンザから作られたものではないため、新型インフルエンザが現出したときに、本当に有効なのか、いまのところ誰にも分かりません。

新型インフルエンザが発生した場合、その病原体自体が人の生命に危険な存在であることは、伝えられた情報をたよりにすれば、ほぼ正しいようですが、ワクチンの安全性ということについては、様々な議論がいまだにされています。

私の過去のブログの関連記事をココで、今一度リンクしておきます。リンク

来年は、よからぬ年にならねばよいのですが・・・

宮尾 孝三郎

« イマジネーション | トップページ | 悪役が悪者になる日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イマジネーション | トップページ | 悪役が悪者になる日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ