« あくまで「pre」ですから・・・ | トップページ | 2009年を、心して迎えましょう! »

2008年12月30日 (火)

悪役が悪者になる日

ソマリアの海賊退治は軍事作戦で、マラッカ海峡の海賊退治は警察活動です。

【以下転載開始】--------------------------------------

横浜港で海賊退治訓練 海保、東南アジアなどの当局者らと
2008.10.30 20:07(産経ニュース)

海賊対策などに取り組む東南アジア、中国、中東の海上警察当局者を対象にした海上保安庁による海上犯罪取り締まり研修が30日、横浜港の巡視船「やしま」で始まった。

研修にはマラッカ海峡周辺国のインドネシア、マレーシア、シンガポールや、中東から日本に向かうシーレーン周辺国のイエメン、インド、ベトナム、フィリピン、中国各国の海上警察、海運局、沿岸警備隊の指揮官クラス11人が参加。この日は、海保の救難艇に乗船して湾内パトロール訓練や救難艇から「やしま」に縄ばしごを使って乗り込む「立ち入り検査想定訓練」などを行った。

研修に参加したインドネシア海上保安調整会議の法執行官、スダルソ・デヴィ氏(36)は「マラッカ海峡での凶悪な海賊は減少傾向にあり、今は食糧などを無心する“海賊”が増えている。こうした手合いは食糧を与えれば危害を加えることなく去っていく」とマラッカ海峡の現状を分析。

インドネシア海上警察C級巡視艇のシャーリー・アングライニ指揮官(27)は「初めての研修で、学ぶことはとても多い」と真剣な表情で海上保安官の説明に聞き入っていた。

参加者は31日には横浜沖で行われる海賊想定訓練で、日本の貨物船から金品と人質を奪って逃走する海賊船に対する情報収集、捜索発見、停戦処置、移乗・制圧・逮捕の研修を行う。

海保では「今回の研修を通じてよい経験を積んで、各々の国での仕事に役立ててほしい」としている。

【転載終わり】---------------------------------------

海上自衛隊の海賊退治は、海賊退治というよりも、アラビア海におけるテロとの闘いの別バージョンということが上記記事を読むと理解できます。

どちらにしても、隊員は相当な危険を覚悟しての任務を付与されたことになります。

このような、日々のニュースを虫の目で見ていても、本質は伝わりません。インド対パキスタン、イスラエルのガザ空爆、鳥インフルエンザなど、どれも不安定の弧に沿って発生しています。

アメリカでは、「PNAC」と「False Flag」という単語が、普通にメディアに出てきますが、2001年9月11日にアメリカで起こった、新しい真珠湾攻撃から、戦争の形態は、「勝利=終結」ではなく、「捜索=終わりのない」に変態してしまいました。

正月休暇中にお暇でしたら、2004年に製作された報道特集をお勧めします。

鳥瞰的に世界を見るのに役立ちます。(全部で1時間10分くらい)

大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (1/8)
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (2/8)
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (3/8)
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (4/8)
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (5/8)
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (6/8)
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (7/8)
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (8/8)

悪役が悪者になる瞬間が分かると、世の中が見えてきます。

そして、気が滅入った時には、バーブラ・ストライザンドで、心に潤いを与えましょう。

201230

宮尾 孝三郎

« あくまで「pre」ですから・・・ | トップページ | 2009年を、心して迎えましょう! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あくまで「pre」ですから・・・ | トップページ | 2009年を、心して迎えましょう! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ