« 未来を明るくする運動 | トップページ | 全国地域安全運動始まる »

2008年10月10日 (金)

“地区環境整備”の意味するところは?

本ブログの10月8日(水)で、伊香立学区のごみ集積箱について、紹介しました。

2010085

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

私の住む学区の場合は、“ごみ集積箱”は、ありませんので、次に列挙する写真の状況です。

201010

201010_2

↑自治会の集積所であることを示す看板です。

201010_3

↑車道に置く形で、可燃ごみの時には、カラスや猫に荒らされないように、ネットをかけます。

201010_4

↑ココも、ごみ集積場所を示す看板の横に、資源ごみが回収されるときを待っています。

201010_5

島根県松江市に行政視察にうかがった際、まちなみの景観に配慮した“ごみ集積箱”を見つけましたが、本市は、まだまだです。

エコやリサイクルといったフレーズが巷を席巻するいま、本市の決算資料を見ていますと、そのような巷のベクトルとはやや違う“地区環境整備事業”という文字が色んなところに出てきます。しかし、それは、行政の事業推進のための“対策事業”であり、本来の市民目線での“環境対策”というのは、上記写真のような状況を解決ことにあると、気づいて頂きたいものです。

宮尾 孝三郎

« 未来を明るくする運動 | トップページ | 全国地域安全運動始まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未来を明るくする運動 | トップページ | 全国地域安全運動始まる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ