« そうは問屋が卸しません | トップページ | 「日本は良い国に向かっているのだろうか」 »

2008年10月31日 (金)

スクラップ&ビルドの精神

日本国航空自衛隊幕僚長が、「日本は侵略国家であったのか」というお題で、民間企業の懸賞論文に応募し、賞金300万円の最優秀賞を受賞したそうです。

【以下転載開始】--------------------------------------

侵略否定で空幕長更迭  集団的自衛権行使も要求

 防衛省の田母神俊雄航空幕僚長が、過去の中国侵略や朝鮮半島の植民地支配を正当化して「わが国が侵略国家だったなどというのはまさにぬれぎぬ」と主張、政府の憲法解釈で禁止されている集団的自衛権行使や「攻撃的兵器」の保有解禁も事実上要求する論文を31日、発表した。浜田靖一防衛相は、空自トップの制服組として不適切と判断し、更迭を表明した。

 麻生太郎首相は同日夜、「適切でない」と表明。ただ中韓両国などが反発し、シビリアンコントロール(文民統制)の観点からも議論を呼ぶのは必至で、麻生内閣の政権運営にも影響が出かねない事態となった。

 論文は「日本は侵略国家であったのか」と題し、19世紀後半以降の日本の朝鮮半島や中国への軍事的行動について「相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない」と主張。同時に「わが国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者」「条約に基づいたもの」などとして重ねて正当化している。

 1941年の太平洋戦争開戦に関しては「日本はルーズベルト(米大統領)の仕掛けたわなにはまり真珠湾攻撃を決行することになる」として、やむを得ない戦争突入だったと強調した。

 田母神氏は今年4月、航空自衛隊のイラク空輸活動を違憲とした名古屋高裁判決について「そんなの関係ねえ」と発言し、批判を浴びた。

2008/10/31 22:07   【共同通信】

【転載終わり】---------------------------------------

内容を知りませんが、某民間企業のHPには、その結果を伝えるPDFは確認できます。

201031

内容は、分かりませんが優秀な内容だったのでしょう。更迭を決められた防衛大臣や首相は内容をご存知なのでしょうか?処分は読んでから決めても遅くはないと思います。

あるいは、何らかのトラップなのでしょうか?ナゾです・・・

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

私は、戦争というものを、最近理解し始めました。

自衛隊にいる頃は、「なんでか分からないけれど、東西でイデオロギーの違いがあって、その違いから、なぜかそれぞれに、『やつらの考え方は危険だ!』などと言い合っているから戦争が起こるのだ」と思っていました。

また、“テロ”という犯罪行為に対して“軍事行動で対応する”といった「まったく新しい戦争」の刷り込みが、主にマスメディアによって始まると、我々下級自衛官は、なんでかそれを信じるようになってしまいました。

そして、東西冷戦が終わってすぐに、いつのまにか砂漠用兵器で準備周到の西側諸国が“多国籍軍”として、中東で新たな戦争を始めました。ソ連と冷戦している間に誰かが「次の戦争は砂漠だぞ!」と予言し、武器開発には20年はかかるであろうに見事に湾岸に照準を合わせた武器のラインナップを取り揃えたのでしょうか?

そして、“21世紀はテロとの闘いだ”と、論文を書いたら、またまた予感が的中したということなのでしょうか?

今の私は、怒りや憎悪、あるいは考え方の違いから戦争が起きるとは思っていません。

戦争は、「スクラップ&ビルド」という発想に基づいたビジネスなのだと思っています。

いま、この考え方に賛同できる人は、決して多くないと思います。しかし、これから起こる数々の事象を気にとめて観察してみてください。そのうち、考え方が変わってくるのではないかと思います。

戦争屋≒国際金融資本

宮尾 孝三郎

« そうは問屋が卸しません | トップページ | 「日本は良い国に向かっているのだろうか」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そうは問屋が卸しません | トップページ | 「日本は良い国に向かっているのだろうか」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ