« 安定感をもって漂い続ける日本の政治 | トップページ | 「SHIBUYA109」に学ぶ »

2008年9月14日 (日)

安定感をもって漂い続ける日本の政治【続報】

今日のブログで、標記の指摘をさせていただいた後、国籍不明の潜水艦の潜望鏡が海上自衛隊によって確認されたとの報道がありましたので、本日2回目のブログとなります。

【以下転載開始】---------------------------------------

国籍不明の潜水艦が領海侵犯…足摺岬沖の豊後水道

 14日午前7時ごろ、国籍不明の潜水艦が、高知県足摺岬沖の豊後水道周辺で領海侵犯しているのを、訓練航行をしていた海上自衛隊のイージス艦「あたご」が、発見した。

 現場は、日本の領海(12カイリ=約22キロ・メートル)の内側約7キロ・メートルで、あたごが追尾したが約1時間40分後に見失った。

 防衛省・自衛隊は引き続き捜索を行うとともに、潜水艦の国籍や行動経路、意図などの分析を進めている。

 防衛省によると、同日午前6時56分、あたご艦橋にいた艦長らが約1キロ・メートル先の海上で潜水艦の潜望鏡らしきものを視認。同7時、音を発して反射音で探知するアクティブソナーで捜索活動を開始し、約30分後に潜水艦の可能性が高いと判断した。潜水艦は同7時過ぎ、南方に向けて領海を出たと見られる。

 国連海洋法条約は、潜水艦が他国の領海を通過する場合、浮上して航行することを義務づけている。防衛省は、今回は意図的な領海侵犯と見ている。潜水艦の国籍については米海軍の潜水艦でないことを確認している。

 潜水艦による領海侵犯は、2004年11月、中国海軍の潜水艦が日本領海内に侵入後、約3時間にわたり領海内で潜航した。その際、政府は治安維持などを目的に海上自衛隊に命ずる海上警備行動を発令したが、今回は発令しなかった

 その理由について、林防衛相は14日夕、「潜水艦だと確認出来た時点で、領海の外に出ており、領海内に戻ってくる可能性が低いと判断した」と記者団に説明した。

(2008年9月14日22時00分  読売新聞)

【転載終わり】-----------------------------------------

高知県足摺岬豊後水道(あしずりみさき ぶんごすいどう)の潜望鏡視認位置は

200914

『とにかく、リアルタイムの日本の舵取りは特に誰がするわけでもなく、安定した状態で漂っています。

不安定ではないという認識はどういったことかといいますと、どんなに政治的空白があっても、そこをつけねらう勢力は、日本にいないかそれだけのパワーがないということです。』

と本日1回目のブログで書きましたが、どこの国か確認中とはいえ国家規模の勢力が、福田政権の脳死状態の深刻度を図る為に、わざわざ軍事行動に出るとは、想像できませんでした。

思ったよりも深刻な状況のようです。

宮尾 孝三郎

« 安定感をもって漂い続ける日本の政治 | トップページ | 「SHIBUYA109」に学ぶ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

目視出来る距離で見失う事は在り得ません。防衛大臣の決断の無さが浮き彫りになっただけです。事勿れ主義のボンクラ防衛では気が着いた時には占領されてますね。防衛費の無駄遣いです。

ご指摘のこと、そのように私も感じています。
豊後水道の先には、岩国基地、呉基地、石油備蓄基地など(他にも重要施設)があります。

航空機のニアミスといったアクシデントとは、全く違う国家の根幹を揺さぶる事案です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安定感をもって漂い続ける日本の政治 | トップページ | 「SHIBUYA109」に学ぶ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ