« 台風のあとは、湖岸の水草の除去 | トップページ | ある伝染病についての考察 »

2008年9月18日 (木)

平成20年9月定例会閉会

本日、大津市議会9月定例会が閉会しました。

議案の採決結果は次のとおり↓

200918

そして、本日上程議案の採決結果↓

200918_2

採択された請願及び可決された意見書↓

200918_4

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて、アメリカはどうなっていくのでしょうか?

中国は共産主義国家でありながら資本主義社会を目指しておりますが、

アメリカはAIGをFRBが支えるという一見「救済 」処置に見える動きを見せましたが、これは「企業の国営化」に成功したという見方もできます。

ちなみに、「国営化」とあえて書きましたが、FRBは国の機関ではありません。ロスチャイルド系、ロックフェラー系財閥ら国際金融資本が現在に至るまで最大の株主となっている金融機関で、アメリカよりもヨーロッパの資本家の比率が高いとされています。

頭が混乱してきましたね!つまり米ドルは世界の資本家により発行されており、基軸通貨である米ドルは、アメリカ国家の意思ではなく、株主の意思によってコントロールされているといえます。

一般庶民が考えても解決しない話題でした・・・

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

(追記)

※これは、ニューディール政策ですね!なるほど。新しい作戦ではなかったようです。

宮尾 孝三郎

« 台風のあとは、湖岸の水草の除去 | トップページ | ある伝染病についての考察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風のあとは、湖岸の水草の除去 | トップページ | ある伝染病についての考察 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ