« 行政視察から戻りました。 | トップページ | トカゲのしっぽ »

2008年8月 6日 (水)

人類に初めて原子爆弾が使用された日

1945年8月6日午前8時15分、アメリカ合衆国は、わが国の広島市に原子爆弾を投下しました。

日本の主要都市は米国の空襲による焼夷弾によって、ほとんど焼き尽くされており、戦争が終焉をむかえていることは、米国は当然感じていました。

しかし、大統領府と立法府が20億ドルという資金をつぎ込んで開発した新兵器を使わずに終戦することは、その後の上院議会で、通常の歳出プロセスを無視した行動を追及される可能性が高く、また本来なら米国は原爆の開発をめぐってドイツと競争していたわけですから、もし原爆が実際よりも早く開発されていたら、当然、ドイツに対して使用されていたはずでしたでしょう。しかしドイツの降伏によって、その投下目標は日本へとシフトしたというのが事実です。

日本に対して、原子爆弾を使用したという行為は、戦争を早く終わらせたかったということよりも(すでに日本の主要都市部は、焼き尽くされていましたから)、戦後の上院議会で、一切の通常の手続きを経ずに20億ドルを支出したことを説明する際に、使われることがなかった原子爆弾について追及されることよりも、実際に使用し、戦争を終わらせるきっかけになったという効果を説明に使いたかったということ。もう1つは、戦後台頭してくることが必至だったソビエト連邦に対する力の誇示であったということがバートン・J・バーンスタイン スタンフォード大学歴史学教授(米外交問題評議会)の論文によって解説されています。

----------------------------------------------------

いま、戦争の形態は、良識ある一般市民の理解をはるかに超えるものとなっています。それは、人目には戦争に映らないものであり、戦争であることを感じさせないものであるといえるでしょう。

HIVであったり、H5N1ウイルスであったり、炭疽菌であったり、電磁波であったり、音波であったり、気象制御であったり・・・

67億人の地球市民は30億人まで抑制する必要があると、多くの環境学者やそれを支持する国家が唱えています。

67億人-30億人=37億人をどう人口抑制するか?

2020年までに、地球は食糧危機が訪れるといわれています。その時に、誰しも生き残りたいと願うのは当然のことですが・・・

このような目線をインプットしていただいた上で、世の中のニュースを読んで見て下さい。きっと、見えてくるものがあると思います。

----------------------------------------------------

p.s.科学というのは奥行きが深く、実際に私が見て驚いた動画がありますので、よろしければご覧下さい。

宮尾 孝三郎

原子爆弾により愛する人を亡くされた方、今も後遺症で苦しんでおられる方々のことを忘れることなく、悲劇が再び起こらないように、どのようなことができるか・・・

« 行政視察から戻りました。 | トップページ | トカゲのしっぽ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行政視察から戻りました。 | トップページ | トカゲのしっぽ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ