« 兆候の早期発見 | トップページ | 石油について、面白い話 »

2008年7月28日 (月)

夕立?なんか変です?

私の住んでいる地域では、午前11時過ぎに、雷が鳴り出し、雨が降り始め、午後6時過ぎまで、落雷と大雨で大変でした。

夕立って経験上、1時間~2時間ぐらいでおさまるというのが私の常識なのですが、今回のこの天候は、明らかに違いました。

コレが、アル・ゴアのいう地球温暖化の現象の一部なのかもしれません。

しかし、北京オリンピックが近づいてきましたので、こちらの状況も心配しなくてはなりません。

---------------------------------------------------

CRI( China Radio International)によりますと

【以下転載開始】

人工による降雨などの成果で中国が世界一 
2007-07-27 14:31:03    cri 
 中国気象局災害予測・災難軽減局の王邦中副局長は26日、中国は人工による降雨や降雪など天候に影響を与える人工作業の規模が世界一になったと発表しました。
 王邦中副局長は、中国各地では、この種の人工作業が行われているとしています。それによりますと、これまで、人工降雨などの作業を行っている地区の面積は、中国領土の三分の一を占める300万平方キロに達しています。そして雹害の予防可能な地域は、約50万平方キロに達し、また、1999年から、人工降雨により、あわせて2500億立方メートルの雨を降らしたということです。(翻訳:李軼豪)

【転載終了】

---------------------------------------------------

ちなみに、気象操作は、中国気象局が制定した「2008年五輪開閉幕式人工消雨作業実験方案」に従って行われるそうで、北京市気象局の主管となるらしいです。ただし、実際に作業を行うのは軍になるということです。

【産経ニュースより転載開始】

【奧運(オリンピック).com】(1)至上命令!「雨を降らせるな」2008.6.30 12:03

  • 人工消雨の原理は比較的単純だそうで、まずヨウ化銀を搭載したロケット弾を上空1000メートルの雲に撃ち込む。
  • 爆発と高温でヨウ化銀はヨウ素イオンと銀イオンに分裂するが、雲の中を通る間に再結合してまたヨウ化銀に戻る。
  • ヨウ化銀は氷の結晶構造とよく似ており、再結合するとき、雲の中の水分子とくっつき、氷の核がつくられるという。
  • 1グラムのヨウ化銀は1015個の氷の核をつくり、これが地上に落ちて雨の滴となる。
  • 一般にロケット弾1発に11グラムのヨウ化銀を搭載し、1回に110発前後の砲弾を打ち上げる。
  • このロケットを撃ち込む場所とタイミングによって、目的地以外のところで雨を降らせれば、目的地の雨雲は消える。
  • たとえば天津や河北省で雨を降らすと、北京に流れ込む雨雲は減り北京は晴れになる-というわけだ。

【転載終了】

ちなみに、3ページ構成になっており、3ページ目に

  • 「米国の高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP)を気象兵器の開発だと批判。「(中国が行っている)人工降雨などは水資源開発だが、HAARPは異常気象を引き起こす」と警告した。」とあります。

私は、以前このブログで高周波活性オーロラ調査プログラムの基地を、グーグルアースの衛星写真で紹介しましたが、中国気象局人工影響天気センターの郭学良主任は科学日報(3月31日付)で、このHAARPを批判しています。

自然と共生する日本人にとって共感しにくい話ですが、大陸ではそうでもないようです。

---------------------------------------------------

【転載開始】

人工降雨作業中のロシア軍機、誤ってセメントを降らす

ロシア空軍機が先週、モスクワ郊外の住宅に25キロのセメントが入った袋を落としていたことが分かった。空軍機は祝日に雨が降るのを避けるため、雲を作っている作業中だった。地元メディアが17日伝えた。
 警察は、地元通信社に「首都周辺で晴天を作るために使われたセメント1袋が高空で完全に粉砕せず、民家の屋根に落下、約80―100センチの穴を開けた」と説明した。
 ロシアでは主要な祝日を前に、モスクワ上空に雲を作って湿気を除去するため、空軍がヨウ化銀や液体窒素、セメント粉末を搭載した貨物輸送機を飛ばすことがよくある。

日時: 2008年06月18日 17:17

【転載終了】

---------------------------------------------------

ちなみに、意外と日本でも気象庁が人工降雨実験を行っています。

今回、日本列島を襲った激しく長時間に及んだ雷雨が、人災でないことを祈ります。

宮尾 孝三郎

« 兆候の早期発見 | トップページ | 石油について、面白い話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兆候の早期発見 | トップページ | 石油について、面白い話 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ