« 三井寺 | トップページ | 市役所という場所 »

2008年4月16日 (水)

値上げ、値下げ

久しぶりに、なじみのたこ焼き屋さんに立ち寄りました。

「値上げしました!」との文字が。関西の庶民の味が、原料の高騰により打撃を受けています。

その後、道路沿いのガソリンスタンドの看板は「レギュラー127円!」。暫定税率失効でこちらは、つかの間の喜び。

しかし、原油価格は1バレル114ドルまで値上がりしており、予断を許さない状況です。

日本の優れた工業製品を生産する為に欠かせないのがレアメタル。こちらも非常に厳しい状況ですが、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 希少金属備蓄部では、国家備蓄倉庫に国内基準消費量の42日分(備蓄目標量の7割)を保有しております。コレが多いのか少ないのか判断できませんが・・・

これからの世界は、資源獲得競争時代。マッドマックスの世界は、あながち的外れではないと思わせる状況が近いうちにやってくるかも知れません。

本市におきましては、商工費や農林水産業費等予算に努力が必要との現時点での感想を持っていますが、その改善が正しいのかどうかもこれからの分析次第です。

今までは、医療や福祉といった部分に関心が集まっておりましたが、今後の見通しを考えると、生活そのもののバランスが変化していく兆候を感じているのは、私だけではないはず。

「右肩上がりの生活に終止符を打たれた」と現実を受け止めるだけの素直さと適応能力が求められます。

宮尾 孝三郎

« 三井寺 | トップページ | 市役所という場所 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三井寺 | トップページ | 市役所という場所 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ