« 入学式 | トップページ | 新隊員入隊式 »

2008年4月 9日 (水)

幼稚園の入園式

本日は、大津市立幼稚園の入園式が行われました。

私も地域の幼稚園に出席してきましたが、幼稚園の場合、国旗は掲げてありましたが、国歌斉唱・演奏はなく、昨日の小中学校に同じく、男女混合名簿で「さん付け」統一方式で名前が呼ばれました。

---------------------------------------------

学校現場では、さまざまなステレオタイプを排除し、子どもの人権推進を唱えられていますが、昨日ある学校教育者に私は、問いかけました。

「先生は、今日の日をピンクのスーツで臨まれましたが、私が上下ピンクのスーツで来賓席に座っていたら、どう感じますか?」

先生から、お答えはいただけなかったので、

「私がそのような色の服で来たら、『ふざけているのか?』と感じられると思います。色にも役割があり、女性がピンクでお似合いであれば良いのですが、いくら似合っているからとはいえ、男性がピンクの上下スーツで来られたら、『状況を考えて欲しい』と思われると思います。そのように考えていけば、現在の学校教育はまだまだ本質にはたどり着いていないと思います。」

このようなお話をしました。

----------------------------------------------

平等は、様々な機会において男女という性別によらず、等しくなされるべきものであり、世の中は、いま成熟期に達しようとしていますが、

「ベトナム戦争が長引きそうな予感がしてきた1960年代後半、男性が働き女性は家庭を守るといった社会構造では、軍事資金が足りなくなってきて、労働者が増えれば税をより多く徴収できることから、女性の社会進出を「ウーマンリブ」という運動で促し、税収を増やす作戦が取られた。」

と言う説が事実であった場合、本質の部分とは別の力が働き、結果としてアメリカ国民を疲弊させたことになります。

我々日本国民は、誰かが考えたしくみをすぐに鵜呑みにせずに、十分検証しなければなりません。

私はステレオタイプな世の中は、好きではありませんが、「ジェンダーフリー」という言葉もまたステレオタイプの一種だと思っています。

宮尾 孝三郎

« 入学式 | トップページ | 新隊員入隊式 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入学式 | トップページ | 新隊員入隊式 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ