« 質疑・一般質問の内容を公表します! | トップページ | 昨日の事故の続報 »

2008年3月 7日 (金)

脆弱な交通網

毎朝、青パトに乗車し地域巡回をしていますが、今日の朝はちょっと変?

午前7時50分ごろから、普段は渋滞しない道路がこのような状況に!

200307

大津商業高校前から、三井寺方向を撮影↑

200307_2

大津商業高校前から、市役所方向を撮影↑

200307_3

皇子山4面グラウンド前から、浜大津方向を撮影↑

200307_4

皇子山4面グラウンド前から、西大津方向を撮影↑

-----------------------------------------------

実は、本日深夜にこのような事件・事故があったのでした(新聞記事より↓)

衝突の激しさ生々しく、大津3人死亡事故

200307_5

 7日未明に乗用車の男性3人が、トラックに衝突し死亡する事故が起きた大津市山上町の西大津バイパスのトンネルには、数十メートルの範囲で無数の金属片が散らばり、衝突のすさまじさを物語っていた。

 大津署の調べでは、現場から1・5キロ北東のマンション駐車場で、パトカーの大津署員が、駐車場にとめた車を物色する3人を見つけたのは事故の数分前だった。パトカーが近付くと、3人は乗用車に乗り込み、車はヘッドライトを点灯させずに、そのまま急発進した。

 乗用車は時速80キロで狭い住宅街の市道を抜け、国道へ。一方通行を逆走したり、信号無視を繰り返したりしながら走り、再び入り組んだ住宅街へ逃げ込んで、サイレンを鳴らし、赤色灯を回転させるパトカーを振り切った。

 「追跡」は約3キロ。乗用車を見失ったパトカーが、西大津バイパスに向かう途中、すでに乗用車はトラックと衝突していた。

 現場は、車の部品や衣類が散乱、乗用車の屋根やドアは完全にはがれ落ち、座席がむき出しに。前席のエアバッグはタイヤに絡み付き、周囲にはガソリンのにおいが立ちこめていた。

 捜査員は薄暗い照明の中で、懐中電灯を照らし、無数の破片を拾い集めていた。捜査員の1人は「(乗用車は)相当なスピードで突っ込んで行っただろう。そうでなければ、こんなにぐちゃぐちゃにはならない」と、話していた。

--------------------------------------------

西大津バイパスができる前には、街中がこのようにいつも渋滞していたはずはなく、西大津バイパス開通後、車の通行量が増えているのが今回よく分かりました。

200307_6

の箇所が事故があった西大津バイパスのトンネルで2本の線が、写真を撮った道路です。一番浜側にR161号線があり、そちらの写真は撮っていませんが、同様に大渋滞でした。

浜に山すそが迫っており、計4本の平行に走る道路のどれかが通行止めになると、とたんに交通マヒが起こる箇所と今回あらためて認識しました。

国際マラソン開催地だからといって道路がよいとは限りません。といって、道路の本数を増やすというのも現実的ではありません。車をどう減らしていくか、それを考えるのが我々の仕事と思います。

宮尾 孝三郎

« 質疑・一般質問の内容を公表します! | トップページ | 昨日の事故の続報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 質疑・一般質問の内容を公表します! | トップページ | 昨日の事故の続報 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ