« 質疑および一般質問終わりました! | トップページ | 質疑・一般質問の内容を公表します! »

2008年3月 5日 (水)

市民の代表として

本日、わが会派、清正会の谷議員が質疑および一般質問を行いました。

市議会議員という職業は、非常勤職員に位置づけられます。ですから、例えば給与ではなく、報酬になりますし、あくまで市の職員ではなく市民の声の代表者であり、議員の発言の軸足はあくまで市民になければなりません。

谷議員による「議案第27号 大津市職員等の旅費に関する条例及び大津市非常勤職員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」の質疑は、まさに市民の代表者として筋の通ったものでありました。

といいますのも、平成17年12月(いまから2年前)の定例会で市執行部から次のような見解があったためです。

「旅行旅費の見直しについては、特別車両料金(グリーン車)については、旅費条例の本則では、片道100㎞以上の旅行に限り支給できる規定となっておりますが、昭和51年1月より、当事の厳しい財政状況から支給を取りやめており、その旨附則で規定をしております。

現在の大津市の財政状況は一層厳しさを増しており、行財政構造改革方針に則り、現在その健全化に努めている状況であり、市民の理解を得にくいと認識しており、一定の役職のある者に限っても支給できる状況にないと現時点では考えております。」

今回の条例の一部を改正する条例の制定については、依然財政状況が厳しいなかで出てきた提案であり、2年前の同一案件での答弁との整合性がないのではと質疑したものであります。

この議案を含め、本定例会の採決は、閉会日の3月19日となります。

もちろん傍聴できますから、関心を持つ多くの市民の皆さんに足をお運びいただきたいと思います。

宮尾 孝三郎

 

« 質疑および一般質問終わりました! | トップページ | 質疑・一般質問の内容を公表します! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 質疑および一般質問終わりました! | トップページ | 質疑・一般質問の内容を公表します! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ