« 謹賀新年 | トップページ | 市議会議員ってなにするの? »

2008年1月 2日 (水)

正月帰省

今日は、実家の神戸に行ってきました。

私は、名前が示すとおり三男坊ですが兄弟はみな個性的で、決して一郎から四郎といったラインナップの近似的商品というわけではありません。

今回は、2番目の兄の家に全員集合したのですが、両親も兄弟も現在の日本のおかれている状況を心配していました。『郵政民営化によって、日本に留まっていたお金が海外投資家のツールになり、マネーゲームが加速し、暮らしを直撃している。』と分析する家族。おせち料理を食べながらといったシーンでは馴染まない話題では有りましたが、非常に考えさせられました。

話はかわって、2番目の兄はバイクレースが趣味で、このようなマシン↓がガレージにありました。週末も岡山のサーキットに行くそうです。

200102web

私も、病気が原因で東京生活にピリオドを打ち、神戸で生活している頃、兄の影響でバイクに興味を持ち、当時は本当に出始めで珍しかったスーパーバイカーズというカテゴリーのバイクをワンオフで製作してもらい、美しい六甲の山中をツーリングしておりましたが、当時から暴走族という暴走行為を主たる目的とする人たちには、バイクをそのような目的に使ってほしくないと思っておりました。

200103web_2

↑当時の愛車。

バイクにしろ大工道具にしろ、使い手のモラル次第で 立派な凶器になります。暴走行為をする子達に「音ぐらいでガタガタ言うなや!」と凄まれたことがありますが、「心臓にペースメーカーを入れている人や、高血圧の人、不眠症の人といろんな方が街に暮らされているということを知っていて爆音を出しているのなら、おっちゃんはゆるさへんで!」と説教したところ、理解したのでしょうか?その子たちのグループは西大津では悪さをしなくなりました。

人は、大人になれば仕事で収入を得て、日々の生活を支えます。そこには潤いも必要で、人間が考えうる、ありとあらゆる趣味の世界がこの世に存在します。その趣味の世界が健全であり続けるために、会則を作ったり、セミナーを開いたりと努力されている中で、大人のルールを理解できない子達が、お金さえ払えば同じものを所有できてしまう世の中です。「一緒にしないでくれ。」と大人は悲鳴を上げていますが、そんな子達もすぐに大人になります。我々趣味を持つ大人の責任で、ルールを知らない・守れない人を見つけたら、叱ってやり、教えてやり、誘ってあげる。そうして、青少年の健全育成ができるものと思います。

大人の皆さん、ルールを知らない若者に愛のムチを!決して世の中捨てたものではありません。

宮尾 孝三郎

« 謹賀新年 | トップページ | 市議会議員ってなにするの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | 市議会議員ってなにするの? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ