« 大津警察署防犯ボランティア研修会 | トップページ | 自衛隊滋賀地方協力本部 »

2008年1月29日 (火)

号令・指示・合図

団体行動時に、リーダーの明確な意図をメンバーに的確にそしてタイムリーに伝えたいときに、号令や指示、手信号などが考えられます。

自衛隊勤務時代、部隊が1列縦隊で道路を行進中、道路の反対側に一気に渡りたいときに、「渡るよ~い、渡れ!」という号令で、何十人という隊員が、道路の右側から左側へと一気に渡るといった、とても合理的なものがありました。

地域自主防犯活動時に、活動にあった号令、指示など簡略化されたものがメンバーに普及できればレスポンスの高い活動ができると以前から感じておりましたが、日本ガーディアンエンジェルスでは、そのようなことを実際に取り入れた活動をされているとのこと。第3者には分からない隠語を隊員に周知徹底し、活動時に使用する。内容を開示しては秘匿している意味がないので、ここではその隠語自体には触れませんが、泥酔状態にあるものを発見した場合や、ある事象に対し隊員の注意を引く場合、パトロール隊に近づくものを隊員に知らせるすべなど、様々な工夫をされています。

私の所属する防犯活動でも土曜日に、ある危険な兆候が数時間続く事案があり、生(なま)でしゃべるとこちらにも危険が及ぶ可能性があったので、隠語や合図など、今日まで考え続けていました。

ようやく、私なりの良いプランができましたので、近日中にメンバーに相談し、安全な活動ができるように導入できればと思っています。

宮尾 孝三郎

« 大津警察署防犯ボランティア研修会 | トップページ | 自衛隊滋賀地方協力本部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大津警察署防犯ボランティア研修会 | トップページ | 自衛隊滋賀地方協力本部 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ